{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/20

amachi. "Meeting Jacket - PO"

110,000 JPY

About shipping cost

  • Flint Gray 4/S

    110,000 JPY

    SOLD OUT

  • Flint Gray 5/M

    110,000 JPY

Wool 100%(Super160’s) amachi.が大切に生産を続けてきたマスターピース"Meeting Jacket"。 スマホが大型化して以降、生活の中でバッグの必要性を感じ身の回りの物の持ち運び方を考える方が増えました。 バッグを持たずして物を持ち運ぶ、その解答となっている「Meeting Jacket」は、現代の過ごし方に沿った今までにないアウターとして愛用者が増え続けています。 タブレット端末や500mlペットボトル、メモ帳、財布、スマホ、鍵、マスクといった身の回りの物をスマートに収納することが可能。 また、物を収納した際の収まりやアクセスしやすいように考えられたサイドポケットは、荷重を底面で支える設計。首ではなく肩全体に力が分散され着心地を損なうことがありません。 また、独自の襟の形状はレギュラーカラー、オープンカラー、バンドカラーといったシャツをはじめ、クルーネック、ハイネック、フーディーといったカットソー、さらにはストールやマフラーとの相性も良いだけではなく、スタンドプロポーションにすれば風除けにもなります。 今シーズンは、Collection 000からフロントオープンタイプに加えてプルオーバータイプとなる「Meeting Jacket - FO」が生産されました。 本作では同シリーズの最高峰となる生地を使用。 Super160’sという極細の原毛のウール100%。 Super ◯◯◯ 'sの数字は、大きなるほどに細い原毛という指標です。 オーダースーツの製作を依頼する際にも目にするかと思いますが、その数値は110~130が目安となりますので"160"という数値が如何なるものかご理解いただけると思います。 本質的に"良いもの"を生産することを追求し生まれたのが本作。 ラグジュアリーでありながら、生活の中での使用に耐えるタフさも備えている点は同ブランドならではです。 amachi. Collection 000 / AW2022 2022年、Collection 000 と題した新しい提案がスタートしました。 そして第2弾となるCollection 000 / AW2022。 私たちの考える現在、そして未来へ向けた日常着としてのワードローブ、これらを纏う人物像を通し、” 自然と人間の関係性 “ を紐解くドキュメントビジュアル。 前回に引き続き、ハワイ島を拠点とするArborist、Rich の森林開拓や彼の日常を写真家 Zen によるドキュメントでお届けします。 黄金花で染めるLaib Yellow、矢車附子(ヤシャブシ)で染めるCalvatia Gray、無染色のOff White、純天然染色を核として展開されるのもCollection 000 の特色です。 amachi.は丁寧な物作りを保ち進めていくため、生産数に限りがございます。 そのためamachi.の作品は再入荷がございません。 お支払い方法 クレジットカード | コンビニ決済 | 翌月後払い | PayPal | 銀行振込 | キャリア決済 | 楽天ペイ 店頭での販売状況により、商品がご用意出来ない場合がございます。予めご了承下さい。

Sale Items